台湾情報

台湾ってどんなところ?| 年間行事  | 言語 | 移動 | 食事買い物 | レジャー | 数字で見る台湾
資料&リンク | 中国語検定 | 就職情報 | 奨学金


台湾ってどんなところ?

首都 台北市(公式表記:臺北市)
言語 公用語は中国語(華語、マンダリン、北京語)。台湾語や客家語、各先住民族の言語なども使われている。
通過 台湾元(NT$)1元およそ3.6円。(2014年7月現在)
物価 日本よりも安く、生活にかかる費用(食費や交通費)は約2分の1。
気候 1年中湿度は高く、夏は24~34℃、冬は13~21℃。
時差 日本との時差は-1時間。サマータイムは無。
フライト時間 東京から約3時間30分
交通 台北や高雄にはMRT(モノレール風地下鉄)があり、また、鉄道や新幹線、バスやタクシーなども非常に便利。

    台湾は、与那国島から100キロメートル、中国の福建省から150キロメートル、フィリピンとはバシー海峡をはさんで150キロメートルの距離にあります。
島の半分は山地で、玉山(3990メートル)に代表される、3000メートル級の山々が連なり、海岸から山岳地にわたり、亜熱帯-温帯-寒帯までの気候が分布しています。
さまざまな民族が住んでおり、古くから住んでいた原住民グループ、福建や広東省から移り住んだ本省人・客家グループ、国民党時代に大陸から移民してきた外省人グループに分類されます。それぞれがそれぞれの時代につくりあげた、文化や古蹟、伝統芸能が今も伝えられています。
台湾の人口は2,300万人で、台北市に約1割の268万人が住んでいます(2014年1月現在)。
台湾の面積は3万6千平方キロで、日本の1割ほど、日本の九州とほぼ同じ大きさです。



年間行事

春節」(=旧正月)
日本では1月1日の元日からがお正月です。
中華圏ではお正月を、旧暦の元旦から5日までを指して「春節」(=旧正月)と言います。
過年」とも呼ばれ、重要な行事が各地で行われます。
旧正月は、月の満ち欠けを基準にした太陽暦に基づくため、年によって日付が違います。
2016年旧正月初日は、2月8日です。
旧正月で祝う国ではそれぞれ数日間の祝日が設定されています。
・中国:旧正月大晦日から7日間
・台湾:旧正月元日より5日間
・韓国:旧正月大晦日から旧正月1月2日まで
などなどそれぞれ違う日数の祝日が設定されています。
元宵節
元宵節は春節から数えて15日目で、最初の満月の日。旧暦のお正月の締めくくりの日です。

日本の「小正月」にあたる元宵節ではお団子を食べます。元宵節に食べるお団子は「元宵(ユェンシャオ)」といいます。
元宵」はもち米の粉を粉のまま使い、餡の材料となる白砂糖やバラ・ゴマ・小豆・胡桃・落花生・ナツメなどを入れ円形状に包みます。
食べ方はそれぞれ異なり、煮たり、揚げたり、蒸したりと色々ありますが、茹でて食べることが一番多いようです。

[だんご]の意味である「湯圓(湯円)」(Tangyuan/タン ユェン)の発音が「團圓(団円)」(Tuanyuan/トゥァン ユェン)[一家団らんに集まる]と似ており、今年1年、家族みんな円満に暮らせますようにという意味合いが込められています。


2016 広報_7247


言語

  台湾の公用語は中国語(華語、マンダリン、北京語)です。その他台湾語や客家語などもあります。台北市や高雄市のMRT(地下鉄)や高鐵(台湾新幹線)の社内では4つの言語、『中国語(華語)・台湾語・客下語・英語』の順でアナウンスが行われます。
中国語(華語、マンダリン、北京語)は、台湾の公用語として定められている標準語です。台湾では「國語」と呼ばれています。
一方、台湾語も日常会話でよく使われています。台湾語は台湾では「台語」と呼ばれえ地ます。特に南に行けばいくほど台湾語に遭遇する確率があがります。
「國語」と「漢語」
「國語」を話す台湾人と、中国大陸の「漢語」(中国大陸での中国語のこと)を話す中国人との間では、基本的には会話をすることが可能です。大きな違いは使用する文字です。
「繁体字」と「簡体字」
「繁体字」・・・台湾で使われている文字。昔の日本で言う正字。
「簡体字」・・・中国大陸で使われる文字。画数を簡略したもの。



移動

    台北市内の主要MRT(地下鉄)の運賃を見ると、片道100円前後(一区間は50円ほど)で各地へ移動することができます。経路が複雑ではありますが、市内バスを乗りこなせれば、さらに安く、場所によっては目的地へ早く移動することができます。タクシーも300~600円ほどで、市内各地に移動できます。
各都市へのアクセスは、台湾をぐるっと一周する形で台湾鉄道が走っており、主要都市間には長距離バスが走っています。また西側には新幹線が走っており、二時間弱で台北から高雄に行くことができます。


台北-高雄間 運賃 時間
長距離バス 2,000円前後 約5時間
台湾鉄道 2,600円前後 約4時間40分
新幹線 4,000円前後 100~120分

食事

    台湾の食の名物である夜市から、中華料理のレストランや、洋食のお店など、日本から出店しているラーメン屋などもあります。ローカルな台湾料理ならば、一食300円前後ほどで食べることができます。日本食は割高な感じがあり、あまり日本と値段が変わりません(ラーメン一杯1000円前後)。台湾には日本であまり見られない、特有の飲食形態があります。お弁当の中身を自分で選ぶもの(自助式)、露店や屋台のひしめく夜市、具材やアイス食べ放題の火鍋など。水道水は飲めないのですが、大学、施設内に飲料水機があります。

台湾のお菓子

2015-10-16 麻花
こちらのお菓子は、『 蜜麻花 』と言います。台湾へ旅行に行った方は見たことがあるかもしれませんが、台湾では昔ながらの懐かしいお菓子です。

材料はシンプルで、小麦粉で作った生地をねじってから油で揚げて黒糖と胡麻をまぶしたお菓子です。日本でいう「かりんとう」のようなお菓子です。形はねじったものが定番です。定番の味は黒糖ですが、蜂蜜を使用したものなどもあります。台湾のお菓子にはよく胡麻も使われます。胡麻の風味もよく合うので、外国のお菓子というよりは日本の和菓子に近いです。

これ以外にも台湾のお菓子は和菓子に近いものが多いので、台湾に行く機会がありましたら是非探してみてください。

DSC_4172 DSC_4174
写真はスリランカ留学生とスタッフが麻花を食べている様子です。

台湾のお菓子 「牛軋糖餅」を紹介します。
「牛軋糖餅」とは、台湾で有名なヌガーをクラッカーでサンドしたお菓子です。
DSC_4113 2015-10-26 クラッカー 一番ポピュラーなのはネギ入りで、しょっぱい味があとをひくおいしさです。甘い牛軋糖(ヌガー)と相まって、しょっぱいけど甘い!甘いけどしょっぱい!不思議さにとりこになる人が多いみたいです。
はじめは「お取り寄せ」から火がついたようですが、最近では台湾のスーパーなどでも購入が可能です。DSC_4112 DSC_4106
今ではさまざまなショップからいろいろな味(ネギ入りクラッカー、ネギなしクラッカー、抹茶ヌガー、紅茶ヌガー…などなど)がでています。

買い物

    雑貨や衣料なども、品質は多少落ちますが、Tシャツ一着あたり300~1000円ほど。南国では必須のサンダルも300円ほどで手に入ります。もしもデザイン性の優れた衣類を購入するならば、日本に匹敵するかそれよりも高値になります(例:ポロシャツ6000円ほど)。

参照資料 台湾の生活費 2015-02-13 台湾生活費



レジャー

    玉山や太魯閣(タロコ)などの国家公園、日月潭や東部海岸などの国家風景区、その他多くの遊楽区など…無垢の自然に恵まれた台湾は、目に鮮やかな豊かな表情で旅人を魅了します。自然・人文地理を対象とした「靜態観光」の他に、登山、ハイキング、釣り、キャンプなどのアクティブで挑戦的なレジャーを可能にしています。夏は、伝統のドラゴンボートに加え、クジラ・イルカウォッチング、ダイビング、ラフティング、セーリング、サーフィンなどの水上レジャーを楽しめ、グライダー、パラグライダーなどにもチャレンジできます。四方を海に囲まれた地理条件から揃う豊富なマリンスポーツをはじめ、気候温暖で1年を通して楽しめるゴルフなどあります。
2015-02-10 自転車写真 参考 台湾観光協会 レジャー・スポーツ

ナイトマーケット
情報 | ナイトマーケットガイド日本語版 台北市市場


数字で見る台湾

台湾の高等教育機関で留学または研修を行った海外からの留学生(学位課程で学ぶ学生および学位を取得しない学生、外国籍、華僑、中国大陸住民を含む)

2015年度 11万人182人
↑17.66%(1万6,537人)増加
2014年度 9万3,645人

学位課程で学ぶ学生 多い順

1. マレーシア
2. 中国大陸
3. 香港
4. マカオ
5. ベトナム

台湾で学ぶ海外からの学生数、過去最高の9万人突破

  • 2014年度 9万2,685人
  • ↑ 16.25%増加
  • 2013年度 7万9,730人

2015年1月に台日間を往来した旅行客数約35万人 (交通部観光局発表)

2015-02-23 Travel
1月に海外から中華民国(台湾)を訪問した旅行客数は75万2,271人内、12万1,510人は日本から。さらに日本を訪れた台湾人旅行客数22万5,116人を合わせると、台日間を往来した旅行客数は34万6,626人となった。
「観光」目的中華民国(台湾)訪問国別表示
  • 中国大陸 27万9,545人
  • 日本 8万8,706人
  • 韓国 6万2,180人
台湾進学学費
大学名 学費 寮費
国立台湾大学 約30~34万円/年 約15万~22万円/年
国立政治大学 約33~37万円/年 約5.6万~22万円/年
国立師範大学 約33万円/年 約4.8万円/年
国立高雄大学 約27~32万円/年 約3.7万円/年
私立銘傳大学 約26万円/年 約6.5万円/年
私立淡江大学 約26万円/年 約2.6万~13万円/年
私立輔仁大学 約27~44万円/年 約9万~15万円/年

資料&リンク

台湾情報|台湾観光協会

資料
『台湾在留邦人安全のしおり』 (公益財団法人交流協会)
リンク2016-05-02 寮の絵 崔媽媽
http://hsg.tmm.org.tw/tmm3/index.aspx
アパート探しサイト(中国語)
2016-05-02 崔媽媽 空調、冷蔵庫、キッチンあるなし細かく確認できます。

動画“I love Taiwan”リンクはこちら
9月27日木村拓哉と国際的監督ジョン・ウー(吳宇森)の動画“I love Taiwan”が、日本で上映されました。
ジョン・ウー(吳宇森)監督の主な作品
○ ミッション:インポッシブル2 Mission: Impossible II (2000年)
○ レッドクリフ part I 赤壁 (2008年)
○ レッドクリフ part II -未来への最終決戦-赤壁:決戦天下 (2009年)
日本人に人気のあるマンゴーかき氷、小龍包やウーロン茶がテーマとして挙がっています。

中国語検定

華語文能力試験

華語文能力測検(かごぶんのうりょくそくけん、正体字:華語文能力測驗 略称TOCFLまたSC-TOP)は中華民国(台湾)教育部が実施する中国語を母語としないものを対象とした中国語検定試験です。中華民国(台湾)政府が実施する奨学金申請時や台湾内の高等教育機関に留学する場合に中国語能力評価の資料として要求されます。
華語文能力測検 TOCFL公式サイト(中国語): http://www.sc-top.org.tw/
華語文能力測検 TOCFL公式サイト(日本語): http://www.sc-top.org.tw/jp/jp_index.php

情報|TOCFL 華語文能力測検 模擬問題
■2016年度 日本国内での華語文能力試験

□ 10月15日:法政大学(東京会場)
試験詳細につきましては、以下日本国内の試験開催元まで直接お問い合わせください。

主催:教育部、國家華語測験推動工作委員会
執行:台北駐日経済文化代表処、日本台湾教育センター
お知らせ|TOCFL 華語文能力測検 2016年10月15日(土)法政大学 受験可能!!
日本台湾教育センター日本事務所連絡先:
〒102-8160 東京都千代田富士見2-17-1
TEL:080-4872-6089 FAX:03-3264-9262
台北駐日経済文化代表処連絡先:
〒108-0071 東京都港区白金台5-20-2教育部
TEL:03(3280)7830~8 FAX:03(3280)7925
e-mail: japan@mail.moe.gov.tw

□ 大阪会場
執行:台北駐大阪経済文化弁事処(文化教育課)
連絡先:
〒550-0071大阪市西区土佐堀1-4-8日栄ビル4F
TEL:06-6443-8485 FAX:06-6459-2390

DSC_3504

HSK(漢語水平試験)

日本受験  年12回 お申込み、詳細はこちら

■2017年度 日本国内での受験 スケジュールはこちら
□ 第1回試験 1月14日 実施
□ 第2回試験 2月12日 実施
□ 第3回試験 3月26日 実施
□ 第4回試験 7月22日 実施
□ 第5回試験 5月20日 実施
□ 第6回試験 6月11日 実施
□ 第7回試験 7月15日 実施
□ 第8回試験 8月12日 実施
□ 第9回試験 9月17日 実施
□ 第10回試験 10月15日 実施
□ 第11回試験 11月11日 実施
□ 第12回試験 12月3日 実施

 

大使館

台北駐日経済文化代表処(駐日中華民国(台湾)大使に相当)*横浜、大阪、福岡、那覇、札幌に分処があります。
〒108-0071
東京都港区白金台5-20-2
TEL (03)3280-7800~1/FAX (03)3280-7923
受付時間:月~金 9:00~12:00、13:00~17:30

就職情報

2015年台湾就職希望者のための説明会

対象:既卒生または卒業見込み(すぐに就労可能な方)の方。
※事前申込制となっております 定員50名
ハイリクルート説明会- 7/10 東京-日本橋 にて開催
http://www.taitra.gr.jp/event/hirecruit/index.html
———————————————————————

「台湾就職希望者のための説明会」のお知らせ -7/10 東京-日本橋にて開催

この度、TAITRAではグローバル人材採用支援の一環として「2015台湾就職希望者のための説明会」を開催いたします。

当説明会では台湾企業への就職を希望される方と求人募集企業様を対象として下記の内容で実施いたします。

台湾貿易センターで実施している求人サイトへの登録方法の説明のほか、実際の求人案件も取りそろえておりますので、ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。

◆ 開催概要
・日 程:2015年7月10日(金) 18:30~20:30

・場 所:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(中央区八重洲1-2-16TGビルディング2F)

・主 催:台湾貿易センター(TAITRA) 東京事務所

・参加費:無料

・対 象:台湾もしくは台湾企業で働きたいという意欲をおもちの方。

履歴書をご持参ください。

・定 員:50名(先着順) ※要事前申込

◆ セミナー内容
ご挨拶
台湾貿易センター東京事務所所長 呉俊澤
台湾経済の概要紹介
台湾貿易センター東京事務所課長 石丹
Hi-Recruit サービスの紹介
台湾貿易センター東京事務所PM 田中進
講演 求人案内の紹介
数社の台湾大手企業
Q&A、アンケートの記入
◆ お申し込み方法:
下記ご記入の上
FAX 03-3514-4707 或
メールtokyo@taitra.gr.jp 或
WEBサイトより登録願います。
http://www.taitra.gr.jp/event/hirecruit/index.html
お名前:
email:
電話番号:


奨学金

 

教育部台湾奨学金および華語文奨学金

日台の教育、科学技術及び文化の交流を促進し、若い世代の相互理解と関心 を深めるため、教育部台湾奨学金制度に基づき、台湾政府が支給している奨学金です。
対象は台湾の大学、大学 院に留学或いは大学付属の華語センターに華語研修を希望する学生。審査には書類審査と必要に応じて面接が行われます。
種類:
(一)教育部台湾奨学金:18名程度
対象:大学レベル以上人文科学、社会科学、自然科学、芸術学科等専攻分野へ留学する者
(二)教育部華語文奨学金:12名程度
対象:大学付属華語センターにで華語(中国語)を学ぶ者
申請期間:2月から3月
応募書類:奨学金申請表、奨学金承諾書、研究計画書など
以上、参考情報。
募集要項は毎年1月ごろ台北駐日経済文化代表処のサイトで発表されます。

LINEで送る

ページ上部へ戻る