記事の詳細

9月11日に行われた”まるごと台湾フェア”にて劉 毓真先生の素食の料理教室が開催され、台湾留学JPスタッフが参加してきました😁💕

 

「新感覚 台湾 ベジ料理」
1,新竹素肉圓 (サツマイモのでんぷん・ベジー団子)
img_6096右上に写っているのが肉圓の具材です。
左下のボールに入っているのが肉圓の生地です。
まずは豆皿に油を薄くひき生地をのせます。平らにのせた生地の上に具材をのせて、更に生地で具材を覆うようにして豆皿がドーム状になるようにしたら、後は蒸して完成!!
img_6105肉圓は買って食べるものだと思っていたので完成して感動しました!!
※通常の肉圓とはでんぷん生地で包んだ肉まんのような食べ物で台湾のB級グルメです。あとは映画「千と千尋の神隠し」でお父さんが食べているプルプルした食べ物でも知られています。

2,三杯杏鮑菇 (エリンギのハーブ炒め)
img_6103実際は台湾のバジルが好ましいようですが日本はイタリアンバジルしかないため、この日はイタリアンバジルでエリンギと山吹茸を炒めて頂きました!!
3,炸蒟蒻 (こんにゃくの衣揚げ)
img_6104下味をつけたこんにゃくを揚げた料理、わたしは初めてこんにゃくを揚げましたが唐揚げ感覚で食べれて美味しかったです!!
4,豆花 (豆腐花)
img_6102
豆花はトッピングに白きクラゲ、ハトムギ、タピオカ、クコの実と台湾らしいトッピングで嬉しかったです!!
※豆花とは豆乳を固めて台湾で大人気のスウィーツです。様々なトッピングが出来るのも特徴である。


 

劉 毓真先生の料理教室には今回初めて参加したのですが、もう聞き逃したくないほどに先生は沢山の情報を教えて下さり大変すてきな時間でした。素食料理も初めて作ったのですが、素材一つ一つにこだわり、食材の購入についても気をつけたほうがいい点など教わりました。使用する食材は台湾でしか手に入らない物であっても、日本の食材にかえて下さるなど、日本にいても台湾料理が作れるというのがとても嬉しかったです😊

 

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る