記事の詳細

台北駐日経済文化代表処でのイベントのお知らせです🎀🎀🎀

台湾に住む原住民は全部で16民族あります🌻
※以下の民族名、画像はウィキペディアより引用させて頂きました。

民族画像

その中の1民族であるタオ族のシャマン・ラポガンさんをお招きしたトークイベントが7月8日に開催されるそうです🌸🌸
タオ族の方々は蘭嶼という島に住んでいる珍しい部族です😊
なかなか原住民の方から、お話を聞けるチャンスがないと思いますので、興味がある方は台北駐日経済文化代表処のHP ( 
http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_50050.html )よりお申し込みください👑💐🌺


【講座】台湾原住民作家が語る:島嶼での創作と思考

テーマ:台湾原住民作家が語る:島嶼での創作と思考
シャマン・ラポガン(
Syaman Rapongan)は1957年生まれ、台湾原住民の中で唯一島嶼部=蘭嶼に居住する海洋民族の達悟(タオ)族人。

蘭嶼は台湾本島の南東沖にある周囲40kmの孤島で台湾原住民のひとつで、タオ族が暮らしています。主要な産業はトビウオ類などの漁業とタオ族の伝統文化や奇岩などの自然を生かした観光業です。
今回はシャマン・ラポガンさんと魚住悅子さんをお招きし、対談を行います。海、トビウオ、タオ族の生活の知恵や現代社会の衝撃がシャマンの執筆活動に与えた影響や、シャマンがいかに文字を通してタオ族の内なる精神や自然への崇敬を描き出し、読者を神秘的な海洋世界に引き込んだのかを解説します。

時間:7月8日(金)18時30分から

会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(最寄りは東京メトロ虎ノ門駅)

定員:80名(入場無料、予約制。30分前開場、自由席)

 

紹介

シャマンラポガン[シャマンラポガン]
夏曼・藍波安。1957年台東県蘭嶼郷紅頭村イモロッド生まれ。タオ(ヤミ)族。漢名は施努来。国立清華大学人類学研究所修了。人類学修士。現在、国家実験研究院海洋科技研究センター副研究員

魚住悦子[ウオズミエツコ]
1954年兵庫県相生市生まれ。大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。文学修士。現在、天理大学、武庫川女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る