記事の詳細

華語文能力試験とは
台湾の国家中国語能力試験推進委員会による、中国語を母語としない人向けの台湾華語能力試験です。
TOCFL(華語文能力測驗)は、台湾の國家華語測驗推動工作委員會(国家中国語能力試験推進委員会:Steering Committee for the Test Of Proficiency-Huayu, 以下SC-TOPと略す)が開発を行い、全世界への普及を推進している、台湾華語(中国語)を母語としない人向けの能力試験です。
2001年8月に計画が始まり、国立台湾師範大学の中国語教学センター、中国語教育研究科(大学院)と心理教育試験センターが共同で研究開発を行いました。2003年12月、本検定試験は正式に施行され、受験者の国籍は60ヶ国以上に増えています。

そして日本でも華語文能力試験を受験することができます!!
今年の華語文能力試験は11月24日に仙台、東京、名古屋、新潟、大阪、広島、博多、那覇の8都市で開催されます。
お申し込み方法や開催場所などの詳細はWEB上で確認出来ますので、台湾華語を既に学ばれている方は是非一度挑戦してみてください(^O^)
http://tocfl.tecc.jpn.com/

また、どの級を受けるか迷われた場合には”Band A”からの受験がオススメです!!
TOCFLはHSKに比べて難易度が高い為、HSK6級レベルの方でも”Band C”の合格が難しいとされています。
初めての受験には是非”Band A”を受験してみてください!!

LINEで送る

関連記事

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る