記事の詳細

東京大学駒場図書館に「台湾漢学リソースセンター」開設



写真右より
徐瑞湖・台北駐日経済文化代表処副代表
古田元夫・東京大学附属図書館館長
曾淑賢・国家図書館館長
石井洋二郎・東京大学大学院総合文化研究科長

台湾の国家図書館は、漢学研究の国際化と世界に向けて「台湾の特色ある中華文化」を広めていくため、2012年より海外に「台湾漢学リソースセンター(臺灣漢學資源中心)」を開設し、台湾で出版された漢学に関する良質な学術出版品を通して台湾の漢学研究の国際的注目度を強化している。

東京大学(以下、東大)駒場キャンパスでは12月10日、「台湾漢学リソースセンター」開設の調印式が行われ、台北駐日経済文化代表処の徐瑞湖・副代表、東大大学院総合文化研究科の石井洋二郎・研究科長、東大駒場図書館の酒井哲哉・館長らが立ち会うなか、国家図書館の曾淑賢・館長と東大附属図書館の古田元夫・館長が合意書に署名した。

曾館長は、今回提供する国家図書館の学術出版品のなかには蘇東坡の詩集や金剛経の仏典の復刻本などが含まれ、漢学研究者の研究に役立つものであることを説明し、東京大学での研究に活用され、未来につながっていくことに期待を示した。

古田館長は、東大では今後アジア研究図書館を設置する計画があり、今回の駒場図書館での「台湾漢学リソースセンター」の開設はきわめてタイムリーなものであるとの認識を示し、台湾の国家図書館の提案と協力に感謝の意を表した。

徐・副代表は、台日間の観光客の往来人数がきわめて多く、今年は東京・九州国立博物館で「国立故宮博物院―神品至宝」展が開催され計65万人以上が来場するなど文化交流も盛んであることを説明し、今後は学術交流の強化が重要であるとの考えを強調した。そのうえで、東大と台湾の歴史的なつながりが深いことから、「台湾漢学リソースセンター」を通じた学術交流のさらなる進展に期待を示した。

また、徐・副代表は、「両図書館が来年、東大で『台湾漢学講座』を共同開催することを大変期待している」と述べ、これが台日間の学術交流の発展につながるものであることから、必要なサポートを提供していく考えを示した。

このあと東大駒場図書館地下2階で「台湾漢学リソースセンター」の除幕式が行われ、台湾の国家図書館から提供された図書が並ぶ書棚が公開された。

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る