記事の詳細

「2014年JAL中国語スピーチコンテスト」が東京で開催されました。


日本航空が日華青少年交流協会と共催する「2014年JAL中国語スピーチコンテスト」東京大会を12月13日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で開催。同コンテストは日本と台湾の青少年による民間交流の促進を目的に1985年以来毎年開催されているもので、第30回目となる今大会には、18名の中国語を学習している日本の大学生が参加。

出場者は3分以上、4分以内の中国語によるスピーチを発表し、そのあと審査員との中国語の質疑応答を行う。入賞者には賞状と賞品が贈られ、優勝者には約1週間の台湾研修旅行が贈られる。今大会の審査員は、林文通・台北駐日経済文化代表処教育組部長、劉剣城・東京中華学校校長、小松道彦・交流協会総務部長らが務め、スピーチの内容、表現力、発音、質疑応答等を総合的に審査した。

駐日代表処の林部長は、スピーチの審査を終えて、「もし将来、中国語学習の留学を考えているなら正体字(繁体字)で学ぶことができる台湾への留学を検討して欲しい。そして留学に関する何か疑問点があればいつでも台北駐日経済文化代表処教育組を尋ねて欲しい」と、参加学生らに台湾への語学留学を推奨した。

また、主催者のJAL大島役員は、「科学が日々進歩して情報伝達方法が発達しても、大切な人の人の絆を保つのはやはり直接、対話することであり、そのために外国語の習得はたいへん重要である。今後も中国語という外国語を一生懸命、勉強して将来は国際人として世界の舞台で活躍して欲しい」と、参加した大学生たちを激励した。

厳正な審査の結果、「学ぶことの喜び」を演題に発表した神田外語大学外国語学部3年の萩原由香さんが優勝した。萩原さんはスピーチで「台湾にインターンシップした際、中国語学習の難しさと重要なことを痛切に感じ、帰国後も更に中国語の勉強に励んだ」と語った。

「2014年JAL中国語スピーチコンテスト」は東京大会のほか、沖縄大会が11月23日、大阪大会が11月29日に開催された。また日本語を学ぶ台湾の大学生を対象にしたJAL主催の「日本語スピーチコンテスト」も12月20日、21日の両日に台湾の高雄と台北で開催される。

《2014年12月15日》

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る