記事の詳細

【映画】台湾映画上映会:金馬賞ドキュメンタリー最優秀賞受賞作『天空からの招待状』(看見台灣)

●上映作:

『天空からの招待状』(看見台灣)


●日時:

2015年12月18日(金曜日)16時開演 (15時半開場)
(入場無料、予約必要、中国語ナレーション、日本語字幕あり)

◇予約について

予約申込み先:

MAIL: moctokyo@gmail.com    電話: 03-6206-6180

イベント名、参加者全員の氏名、代表者の連絡先(携帯電話番号かメールアドレス)をお知らせください。(電話受け付けは平日10時-17時になります。メールの方は予約完了の返信メールをお送りします。それが届かない場合は、お手数ですがもう一度ご連絡をお願いいたします。)

自由席です。開演時間までに入場いただけない場合、見やすい席を確保できない場合があります。

会場

台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
監督・撮影:チー・ポーリン(齊柏林 CHI Po-Lin)
 製作総指揮:ホウ・シャオシェン(侯 孝賢)
中国語ナレーション: ウー・ニエンジェン(吳 念真)
 制作年(上映時間):2013年(93分)


内容:

台湾の「國道新建工程局」職員として、長年航空写真を撮り続けてきたチー・ポーリン監督が、全編空撮で台湾の今を見つめたドキュメンタリー。
台湾のドキュメンタリー映画史上最高の製作費3億3,500万円を投入し、全編空撮といういまだかつてない手法を用いた本作。台湾公開時には、上映後もお客さんが立ち上がらない、3ヶ月以上のロングランを続けたことで話題となりました。
カメラは、山・海・田園など美しい島の自然を捉える一方、工場の煙突からもくもくと噴き出る白煙や、工場排水によって異常な色に染まった河川をも映し出します。
製作総指揮:ホウ・シャオシェン(悲情城市)、音楽:リッキー・ホー『セデック・バレ』、中国語版ナレーション:ウー・ニエンジェン(ヤンヤン 夏の想い出)。台湾でミラクル大ヒットの話題作!
 金馬賞ドキュメンタリー最優秀賞受賞作の本作ぜひご覧に来てください。

●予告編:

ttps://www.facebook.com/tenkukaranosyoutaijyou/videos/1507089426223240/

以上、台北駐日経済文化代表処台湾文化センター より。

 

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る