記事の詳細

b1cc333a-eaba-49bf-9b3b-0c511ad3e194

『空を拓く〜建築家・郭茂林という男』上映会
日 時:
9月17日(木曜日)午後2時から
場  所:
台北駐日経済文化代表処台湾文化センター (東京都港区虎ノ門1-1-12虎ノ門ビル2階)
同時開催:
1.講談師 一龍斎貞花による郭茂林の語り
2.建築家 郭茂林の記念展示会(9月30日まで)

映画公式HP:

http://www.sorahiraku.com/
第25回東京国際映画祭公式出品作

作品情報:

日本初の超高層ビル“霞が関ビル”を始め、新宿副都心など数々の超高層ビルの設計を手掛けた台湾出身の建築家・郭茂林の半生を追ったドキュメンタリー。2012年春に他界した彼が2010年秋に90歳で故郷・台北を訪れた時の様子なども収め、日本の発展に大きく貢献してきた建築家の実像に迫る。監督は「台湾人生」の酒井充子。

映画ストーリー:

1968年(昭和43年)日本に初めて100メートルを超す「霞が関ビル」が誕生した。まだ高さ制限が31メートルだった1960年代前半、当時の三井不動産社長の命を受け、このビル建築チームのリーダーとして参加したのが郭茂林だった。「ひとりでは何もできない」。戦前台湾から上京し、20年近くも東京大学で建築を研究してきた郭は、その間に培った人脈をフルに活かして学会の権威や建築業界の精鋭たちの力を集約。そして過去だれも成し得ていない巨大プロジェクトに真っ向から立ち向かう。数知れない難関を乗り越え、高さ制限の法律改定、H型重量鉄骨の開発、各種建築新工法の考案などを実現し、日本初の超高層ビル建設を成功へと導いていった。
その後、浜松町の世界貿易センタービル、新宿の京王プラザホテル、池袋のサンシャイン60と、高さの記録更新を続け、日本を代表する超高層ビルを次々と築いていく。郭の活躍の場はビル単体にとどまらず、新宿副都心開発も手掛けた。だれに対しても臆することなく接し、プロジェクトが大きくなればなるほど、郭の存在感は増していった。

台湾生まれの郭は、台北駅前の新光三越ビルを自ら設計した。台湾を旅したことがある日本人なら、だれもが一度は目にするであろう超高層ビルである。そして、同郷の政治家、李登輝(初代台湾人総統)と共に台北市の都市開発にも尽力する。

郭は90歳を目前にした2010年秋、故郷への旅に出た。青春時代(旧制中学卒業まで)を過ごした台湾で何を振り返り、何を伝えようとするのか。仲間を信じることで国籍を問わず、だれからも愛されていた郭茂林の人生を追った。

以上、台湾文化センターより

報告 | 9月HSK試験
情報 | 日本人女性に台湾旅行が人気のワケ
報告 | 第6回 台湾大学ツアー
報告 | 特化組 視聴華語4冊
【情報】2015年基礎組開講
【情報】授業見学受付中

お知らせ

台湾の大学進学受験準備コース(基礎組)

2015年基礎組第Ⅰ期概要
開講期間:3月から12月
開催日:平日、週2~3回
高校の行事(中間、期末、体育祭など)を避け開講します。
時間:17:00~19:35 45分×3コマ
中国語レベル:入門レベル、中国語を学んだことがない方
対象者:高校生、台湾、中国語圏の大学進学を考えている学生
使用教材:新版實用視聽華語
費用:諸経費 3,240円/月
授業料 32,400円/月
教科書代 教科書による
入学金 30,000円
2015-05-19 視聴華語1冊目 視聴華語1イメージ 2015-05-19 視聴華語3冊目

台湾の大学進学受験特化コース(特化組)

主に高校3年生からスタートするコース。 短期間で、受験に向けて集中に中国語を身につけるカリキュラムです。週に3-5回、そして夏の特化サマースクールも用意しています。
主に高校3年生からスタートするコース。
短期間で、受験に向けて集中に中国語を身につけるカリキュラムです。週に3-5回、そして夏の特化サマースクールも用意しています。
開講期間:1月から8月
開催日:平日、週3-5回
時間:9:55~15:55 45分×6コマ
中国語レベル:HSK3級以上、華語文能力試験BandB以上
対象者:高校卒業生、高校生(授業時間が平日であるため、受講希望者は要相談。)
使用教材:新版實用視聽華語、聽力與口語教材(リスニングとスピーキング教材)
費用:諸経費 3,240円/月
授業料 授業コマ数による
教科書代 教科書による
入学金 30,000円
2015-05-19 視聴華語3冊目 2015-05-19 視聴華語4冊目 2015-05-19 視聴華語5冊目 
2014-11-20 聽力與口語教材 表紙




台湾留学説明会


説明会は1名から随時開催中。お気軽にメールにてご連絡ください。

2014-12-26 説明会03

台湾の教育システムや学費、生活について、台湾留学経験者が、台湾留学について実体験をもとにお話しします。

説明会申し込みの流れ

説明会申込みはお問合わせよりご連絡願います。

3月13日台湾留学説明会の様子

2月14日台湾留学説明会の様子

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る