記事の詳細

今年もimage1 (1)『KANO 1931海の向こうの甲子園』の上映会が行われるそうです😊

写真は昨年、杉並区で行われた上映会でお見かけした永瀬正敏さんです✨✨✨

台湾の映画に興味がある方、まだ『KANO』を見ていない方は8月6日の上映会がおすすめです😃🎶

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しい情報は以下をご覧下さい😍🎀💕💚🎶❤️🌸💐🌺🌻↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【映画】台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第5回は8月6日に『KANO 1931海の向こうの甲子園』。永瀬正敏さんが登壇予定!

台湾文化センターで開催中の「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショーは、年間イベントを通して新しい台湾映画の潮流と現在を作品から感じ取っていただき、その背景や台湾映画界の最新情報を織り交ぜながらのトークで台湾映画の魅力をお伝えします。





5回は『KANO 1931海の向こうの甲子園』。

日本統治時代の台湾で、日本人監督の指導により弱小チームだった嘉義農林学校野球部が甲子園大会出場を果たし、決勝戦まで進出した史実を元にした本作は、台湾で多くの人に勇気と感動を与え歴代第5位の興行収入をあげるメガヒットとなりました。

2015年の日本公開でも台湾映画として歴代トップの成績となり、いまだに各地での上映やイベントが行われています。

今回はスペシャルゲストで主役の近藤兵太郎監督を演じた永瀬正敏さんが登壇予定、映画について、撮影時から公開後のプロモーションの時の思いでなど色々お話しを伺います。




日時:8月6日(土)13時30分開場、14時開演

会場:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター

   東京都港区虎ノ門112虎ノ門ビル2階

   東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」9 番出口 徒歩 約 1

   東京メトロ 丸ノ内線 日比谷線千代田線「霞ヶ関駅」C2 出口 徒歩 約 3

   都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A4 出口 徒歩 約 7 分

JR「新橋駅」日比谷口 徒歩 約 12 分

ゲスト:永瀬正敏(予定)

M C:江口洋子(台湾映画コーディネーター)

入場:無料。抽選。申し込みは76日〜9日までメールで受け付け。

   moctokyo@gmail.com

   711日(月)に当選者にメールで通知。   

主催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター/アジアンパラダイス

協力:ショウゲート、果子電影

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る