記事の詳細

TOCFL 華語文能力測驗模擬問題
台湾(中華民国)教育部が実施する中国語を母語としないものを対象とした世界共通の中国語検定試験 華語文能力測驗(測驗とは日本語で試験を表します。)の模擬問題が、華語文能力測驗のサイトで公開されています。
華語文能力測検 TOCFL公式サイトの模擬問題(中国語)ウェブアドレス:


 http://www.sc-top.org.tw/mocktest.php


問題は2回分あり、入門基礎級-Band A レベルでは問題文が英語、日本語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、タイ語、そしてベトナム語版があります。
↓TOCFL公式サイトの模擬問題画面↓
2016-10-09tocflfreedownload ↓TOCFL公式サイトの模擬問題は2回分あります。↓2016-10-09tocflfreedownload02


 

TOCFL 華語文能力測驗とは??
台湾(中華民国)教育部が実施する中国語を母語としないものを対象とした世界共通の中国語検定試験。現在受験者の国籍は60ヶ国以上、既に15万人以上が受験をしている今最も注目されている中国語試験の一つです。台湾国内で実施される大学入学試験など台湾国内の教育機関に留学する際や、奨学金申請時など、台湾国内において中国語能力の公的証明として通用する認定書となります。
レベルは現在、三段階に分かれています。
入門基礎級-Band A 
台湾での中国語学習時間が120-360時間の者、或いはその他の国での学習時間が240-720時間の者。
基礎文法及び500-1000語の基礎語彙を具える者。
聴力41(読解42)点以上レベル1、聴力60(読解60)点以上レベル2
進階高階級-Band B
台湾での中国語学習時間が360-960時間の者、或いはその他の国での学習時間が720-1920時間の者。2500-5000語の語彙を備える者。
聴力46(読解48)点以上レベル3、聴力61(読解64)点以上レベル4

流利精通級-Band C
台湾での中国語学習時間が960時間以上の者、或いはその他の国での学習時間が1920時間以上の者。
8000語の語彙を備える者。
聴力50(読解52)点以上レベル5

華語文能力測検 TOCFL公式サイト
華語文能力測検 TOCFL公式サイト(中国語):
http://www.sc-top.org.tw/
華語文能力測検 TOCFL公式サイト(日本語):
http://www.sc-top.org.tw/jp/jp_index.php
模擬問題は中国語サイトのみに公開されている(2016年10月確認)ようです。
答えも載っているのでぜひ活用してみてください。

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る