記事の詳細


國立台湾藝術大学の学生が川・湖・港・ビーチなどで採取された汚染水を使用して100本のアイスキャンディーを作った。
その名も” Polluted Water Popsicles”(汚染水アイスキャンディー)プロジェクト。
アイスキャンディーの成分は、ゴミ・重金属・プラスチック・ヒ素・水銀・鉛…等々、人々が地球に投棄してきた様々な有害物質たち。


環境汚染問題を啓蒙する取り組みの一環として始められたプロジェクト。
美味しく無さそうなアイスキャンディーですが、これが現実なんだと思い知らされる作品ですよね。
このアイスキャンディーを見て、地球は汚染されているのだなと改めて考えさせられます。

LINEで送る

関連記事

ページ上部へ戻る